当サイトは、アダルト動画を取り扱うアダルトサイトです。
18歳未満の方のアクセスは固くお断りいたします

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆ 年 齢 認 証 ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

一日一回 年齢認証 お願いします
あなたは 18 歳以上ですか?

18 歳以上/18 歳以下[退出] 【ENTER】/【EXIT】


ハッピーメール

おんなのこのまゆ -がーるずえっぐでぃすとぴあ総集編01-

同人コミック

詳細情報↓ おんなのこのまゆ -がーるずえっぐでぃすとぴあ総集編01-
サークル名:ココアホリック
ジャンル:成人向け コミケ96(2019夏) 萌え 男性向け 金髪 ツインテール つるぺた 和姦 ラブラブ・あまあま ベスト・総集編 オナニー 和服・浴衣 メイド
コメント:
戦前昭和を舞台にした金髪和服メイド『繭』とのイチャとろ性活を描いた「おんなのこのまゆ」シリーズ全4作品、明治後期を舞台にした生意気巫女服少女『緋奈』とのイチャとろ性活を描いた「おんなのこのひな」に加え、さらに書き下ろしの「おんなのこのまゆ」番外編イチャとろマンガも収録した、ほぼすべてがイチャとろ要素(と、だいぶ多めなくぱぁ要素)で出来ている同人誌総集編です。
無防備に開かれた、おんなのこのあま~い中身。
心ゆくまでたっぷりとご覧ください。
各作品発行当時のカラー表紙やおまけページも再録、描き下ろしマンガ12Pを含めた、総ページ数178P。
◆収録作品・各話あらすじ紹介◆■おんなのこのまゆ時に昭和十年。
両親の不幸の知らせを受け、留学先の英国より横須賀の実家へと出戻ることになった青年。
彼を出迎えてくれたのは『繭』と名乗る、青い眼をしたちいさな少女。
和久井家当主を継いだ彼のためにたったひとり屋敷に残された、彼専属の使用人だった。
初めての夜のご奉仕では、恥ずかしがりながらち〇ちゃな性器を大きく開いてみたり、ぬるぬるに濡らしたぷに膣いっぱいにペニスを頬張ってみたり。
なるほど、慣れないなりに健気に尽くしてくれているのかと思いきや……、「き… …きもち……いい…」初めてのくせにいきなりとろっとろに感じていたり。
……そんなことを言われて、歯止めなんて利くわけがない!!■おんなのこのまゆ2 -さつきよそをい-時に昭和十年。
そんなこんなで、だだっ広いお屋敷で共に生活をしている主人公と使用人の繭。
ふとしたことで長い間開かずになっていた亡き父親の書斎を探索していたところ、繭は何かを発見した。
それは丁度繭くらいの〇さな体格の子が身につけるのにぴったりな……、ふりっふりのメイド服だった。
裾の短さや股間に触れるドロワーズの違和感が気になるうちに興奮し始めたのか、にわかに愛液の糸を引きながら夢中で主人公に騎乗し、喘ぎながらつるつるの性器を擦り付けはじめる繭。
目の前でオナニーをするよう命令したまま放置してみたり。
勝手に絶頂を迎えそうになったところで無理やりその手を止めてみたり。
「うぅ~っ…その子はこのなかにいれるものですっ」ついに懇願し始めた繭に、これ以上の加減をしてやる道理はない。
焦らしてドロドロに熟れきってしまった極狭な膣口に、本能のままに一気に奥まで挿入する……!■おんなのこのひな(※DL販売初収載)時に明治四十二年。
探偵業を営んでいた主人公はある日、とある宗教団体に監禁されていた予言の力を持つとされる少女、『緋奈』を救い出す。
帰るアテのない少女を引き取って同居生活を始めた主人公だったが、どうやらこの緋奈という少女は少々エキセントリックで……。
倍ほども年が離れているというのに尊大な態度で接するのはいつものことで、それはセックスの時も変わらない……。
と思っていたらそういうのは最初のうちだけで、一皮むいてみればどろどろの甘えたがり。
子宮の奥に『ちゅう』を求めてきたり、立派なオトナのモノをぱっくりとくわえこんだままうわごとのようにすきすきと叫び続けたり。
そんな、普段とは打って変わってのあまりのとろあまな反応に、本来はそういう趣味ではなかった主人公もやがてそういう趣味に走ってしまうのだった……!■おんなのこのまゆ3 -ヰタ・セクスアリス-時に昭和十一年。
和久井家使用人・繭はとっても悩んでいた。
もしかして自分は、ものすごくえっちでふしだらな女の子なのではないかと。
主人が家を留守にしていると夜毎に自分を慰めることがどうしても我慢できず、最近ではついに連続で絶頂することを覚えてしまったのだ。
そんな状態で主人が帰ってくるものだから、自分を止めることなど到底かなわない。
雨宿りしている神社だろうと自らを指でかき回しながら陰茎をくわえ始めてみたり、失神するまで膣内をかき回されるだけでは飽き足らず、家に戻ってからも主人に隠れてオナニーを続けていることを咎められながら何度もイキ狂ったり。
「…はひっ まゆはとってもいやらしい子なんですっ」それでも主人が求めてくれるのが嬉しくてたまらない繭は、改めて思った。
これがきっと、愛おしいという気持ちなのでしょうと。
■おんなのこのまゆ4 -ちとせまちうた-時に昭和十二年。
屋敷勤めを始めてから二年、和久井家の使用人・繭は自らが使えるはずの主人のことを動物園やら温泉やら、好き放題に振り回していた。
学者をしている主人公は海外に行く予定を立てており、それまでの一週間の間なんでも言うことを聞くと約束してくれたのだ。
とはいえ、しばしのお別れ前。
デートもいいけれど、これから会えない分を埋める分だけ何度も何度もえっちをしたいと繭は思っていた。
混浴温泉ではあの時からほのかに成長した、それでも変わらず成熟しきらない全裸を見せつけながら自ら挿入してみたり、勉強を教えてもらいながら意識がとろけるまで〇さい膣を乱暴に突かれたりしつつも、それでも最後の日だけは…。
「今日だけはやさしいのがいいなぁって。
駄目…ですか?」名残惜しむように、子宮に深く繋がるまったりえっちを望む繭なのだった。
■おんなのこのまゆ番外編(総集編描き下ろし)なんと、繭は大トラだった!?興味本位でブランデーを飲ませてもらった繭は、アルコールが回ったとたんにサキュバス顔負けのえっち大好きマンに変身してしまうのだった!余計なスイッチを発動してしまった主人公はめくるめく搾精に果たして生きて耐えられ……否! 無理!避……無理! 腎虚 赤玉 死……! という感じのおまけ番外編です。
本編は真面目な話も多いので、たまにはこういうのも。

ダウンロード 価格:1496円
※作品の価格は変更される事があります、詳細ページで再度ご確認ください。

Source: コミック 詳細情報【 FANZA (DMM) サイト 】 ↓ おんなのこのまゆ -がーるずえっぐでぃすとぴあ総集編01-

お金がかかる動画サイトと無料動画サイトがありますが、無料動画サイトと言いますのは広告収入で運営されていて、有料サイトの方に関しましては、ユーザーからの収入で運営されています。

エロビは現在でも社会的には認めてもらえない代物です。
数カ月前には正式な契約なしで女性を性行為動画に出演させるという問題が浮き彫りになりました。
わずかでも普通の商品と変わらないものとして取り扱われるようになることを望みます。

モロドラは利用法もシンプルで、理解しやすい構成になっていると思います。
面倒くさい会員登録も必要ありませんし、月毎の料金なども不要です。

無料動画の作品の中にはアダルトとは別にドラマとかコメディなどが多種多様にあります。
ですが男性陣としてはアダルトが最も気になりますよね。

誰もが知っている動画提供企業につきましては、ものすごい数の無料サンプル動画を提供していますので、誰しも色々な動画を見ることができるのです。

40代・50代以上にはほとんど浸透していないエロゲ動画です。
何故かと言えば、昔は無修正などは全く存在しておらず、そういう人達は人と人との絡み動画のみで心底楽しめるからだと思われます。

VRゴーグルをつける必要がありますから、残念ですが家族がいるというような人は、自分の家においてはVRアダルトの動画を見ることは無理だと考えます。

検索もできるようになっているモロゲートです。
決まりきったシチュエーションないしはジャンルしか見たくない方は、「SEARCH」の部分で作品を検索すれば簡単です。

女性向けavにおきまして、それ以外では見受けられないジャンルの1つと言うことができるものとして、ロリコンものがあるのです。
なんでかという理由は追及できませんでしたが、腑に落ちる気はします。

裏アゲサゲと申しますのは、通称『マチ子』という女性が展開している女性を対象にしたアダルト動画サイトです。
今や8年以上営まれているサイトになります。

エロムビと言いますのは、クリックのタイミングを外すと思ったところではないページに飛ばされることがあります。
クリックのポイントを身に付けてしまえば、嫌な思いをすることなく視聴できること請け合いです。

無修正動画を気軽に見るためには、最優先に良好なサイトを探し出すことが大事になってきます。
それを成し遂げるには辛抱強く数々のサイトを訪問しましょう。

私自身が行きついた最上の無修正動画サイトとして列挙できるのは、たかだか3つぐらいです。
恐らくパーフェクトなサイトは決して多いというわけではないはずです。

エロゲ動画については、特異なことも題材にすることができます。
その点がエロゲ動画のウリだと言っていいでしょう。
特徴的な趣味嗜好を持つ方には打ってつけのジャンルになります。

理由はわかりませんが、エロゲ動画と呼ばれるものは萌え系キャラが多いように感じます。
熟女系に興味を惹かれている人の立場に立って言えば、特に心が奪われないジャンルだと言えます。

同人コミック

Posted by avlover